Tommy Cho プロフィール

漢詩作家で書道家の父のもと幼少より書や水墨画を始め、
4歳よりピアノ、12歳でトランペットを始める。
大阪音楽大学音楽学部器楽科専攻卒業後プロ活動をスタート。
スペインを代表するホアキン・グリロ氏やラファエル・アマルゴ氏との
舞台開幕音楽の作曲、スイスジャズオーケストラのアントネロ・メッシーナ、
アフリカンパーカッションのBB・モフラン、ハービー・トンプソンとの共演など
世界の第一線で活躍する数々のアーティストと共演。

95年阪神大震災に被災、活動休止を余儀なくされる。
震災瓦礫の中で廃棄された一台の鍵盤ハーモニカを見つけ救い上げ
鍵盤ハーモニカバンド『Tommy ☆ Pianicat Soul!』を結成し演奏活動を再会。
自身の被災経験から96年「Cocoloプロジェクト」を立ち上げ
台湾大震災、中国四川大震災、東日本大震災など現地へ赴いての震災復興支援や
震災孤児達に楽器と演奏を贈る復興支援活動も行う。
06年、アメリカで開催される世界音楽祭『サウス・バイ・サウスウェスト
『SXSW 2007』の全米オーディションを勝ち抜き出場を果たし
世界に先駆けて発展した鍵盤ハーモニカのサウンドで注目を集める。
同年6月には、フランスツアーを敢行。ヨーロッパ随一の音楽祭
「Fete de la musique」に招待され、フランス・モンブランTVに特番が組まれる。

テレビ朝日「キス濱ラーニング」ではジャニーズのキスマイ(Kis-My-ft2)
と共演し、鍵盤ハーモニカのスーパーテクニックを広く紹介する。
サウンドプロデューサーとしてビクターレコードから楽曲が採用されデビューするなど
レコーディングに於いても国内外のアーティストからの信頼も厚い。
また日本の山林間伐材を用いた『鍵盤ハーモニカ・ 森林再生プロジェクト』を主催
全国の小学校に於いてコンサートを開催し、鍵盤ハーモニカの音にのせて
目に見える「物」と心で観る「音楽」の素晴らしさを子供達に伝えている。




出演番組履歴

■□■ TV ■□■
テレビ朝日「キス濱ラーニング」
NHK 大阪放送「ぐるっと関西」
NHK 信州放送「N カフェ」
フランスモンブランTV放送
NHK神戸放送「トーアステーションLIVE」
サンTV放送「十人十色」
奈良TV放送「エントランスコンサート」
J:COM-TV「J:Songs」
テレビ朝日 TSB放送「NEWS報道現場」etc
■□■ Radio ■□■
Kiss-FM神戸「Human Relation」
FM-COCORO「ベイサイドウインズ」
ならドットFM「Break Out! 」「Rookie Style」
FM宝塚
FM尼崎
KBC九州朝日放送「土曜の朝は玲子におまかせ」
SBC信越放送「徒然散歩道」
FM長野 「すいっちばっく・おばすて」
ラジオ「フランス・ブルー」etc