Why Pianica ?

Tommy Cho ☆ ピアニカ トミー

◆◆ストーリーの始まりは・・・◆◆

恐怖の体験「阪神淡路大震災」崩れ落ちた神戸の町
震災によって崩れ落ちた住居の廃材の山
瓦礫の中に埋まっていた一台の鍵盤ハーモニカ。
「自分は命すくわれたのに」
そう思うと置き去りにできず持ち帰りました。



◆◆命、そして再生◆◆

――― 演奏する人さえいれば、もう一度楽器として
生きることができる―――

目の前でスクラップを待つ小さな楽器を目の当たりにし、
この鍵盤ハーモニカを生き返らせねば!
という思いで一杯になりました。
ほこりを落としきれいに磨き、音を出してみました。すると
キラキラと輝く響きが蘇りました。
震災で音を出せなくなっていた自分の心に、
新たな「希望」を与えてくれた瞬間でした。


◆◆楽器から「再生」のメッセージを聞く◆◆

―――学校で使われなくなると、必要とされなくなる
いつしか忘れさられる楽器 ―――

一般的に「鍵盤ハーモニカは小学生が使う楽器」という印象をもたれます、
私自身もこの楽器と再会する迄はその表現力の深さは思いもよりませんでした。
この懐かしくも可能性に満ちた響きに気づき
「この楽器に、もう一度命を吹き込みたい」
という思いで、ハーモニカの為の曲を書き続けました。
そして友人知人を失い悲しみに暮れる町神戸で、音楽家仲間達に呼びかけ
震災により親を失った子供達に音楽や鍵盤ハーモニカを届ける活動を始めました。



◆◆〜Tommyからのメッセージ〜◆◆

このプロジェクトで私が子供達にお伝えしたいこと・・・

それは、
学校で見慣れている鍵盤ハーモニカを通して
目には映らない「音」の中に宿る「心」を感じ、
心を通すことで音が見える事を体験してもらいたい。

そして何より、
「自分もやればできるかも!」
という大切な何かを見つけて貰いたい!と願っています。

                鍵盤ハーモニカ奏者 : Tommy


当ホームページに掲載されている記事写真等、内容の添付掲載等の無断転用は一切禁止です。
HUMAN NATURE SOUND Official Website